WRC:シトロエン、第1戦モンテカルロは序盤失速も総合4位。課題はやはりマシンの安定性

1月25~28日に行われたWRC世界ラリー選手権第1戦モンテカルロに2台のシトロエンC3 WRCで挑んだシトロエン・レーシングは、序盤からアクシデントで順位を落とす不運があったが、エースのクリス・ミークが総合4位を獲得する活躍をみせた。

2017年は苦戦を強いられ、チームランキング最下位に終わったシトロエン。2018年は雪辱を果たすシーズンとなる。

そのシトロエンは第1戦モンテカルロにはミークと若手のクレイグ・ブリーンという2台体制で参戦。またチーム面では、FIA入りするためにチームを離れたイブ・マトン元代表に代わり、ピエール・ブダールが指揮を執ったはじめてのイベントとなった。

2017年にシーズン2勝を挙げているミークは、オープニングのSS1でスピンした際、マシンの転回を試みたところ、道路脇の溝に転落するアクシデントがありタイムロス。初日を総合9番手で終えて、苦しいスタートを迎える。

しかし、ミークは競技2日目からリスクを避けた走りに徹すると、マシンセッティングを変更してペースアップ。最終SS17ではステージ最速タイムを記録し、表彰台目前の総合4位。加えてパワーステージのボーナスポイントを5点持ち帰り、17点でドライバーズランキング4位につけた。

クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC)

チームメイトのブリーンは競技2日目のSS3走行中にホイールリムをヒット。この影響でブレーキキャリパーにダメージが及び、その後の3SSはブレーキを失った状態での走行を強いられてしまう。

これにより総合10番手までポジションを落としたブリーンは、競技3日目は先頭走者としてコースの“清掃役”を強いられ、さらにペースを上げられない悪循環に。それでも、競技3日目の最終ステージにあたるSS13ではステージトップと2.2秒差の3位を獲得するなど、自身とマシンのポテンシャルをみせて総合9位を獲得した。

こちらを宜しく!→→→ auto-lion.net

出展 auto sports web