アウトリオンに新しいラインナップが入荷です!

アウトリオンと言えば日頃ヨーロッパ車の取り扱いが多いとお思いの方もおいでと思いますが、意外なことにオーナーの私、西村自体も元々ディーラー勤務時代にはクライスラーやフォードといったアメ車の取り扱いも多く経験しており、しかもアメ車大好き人間の一人なのです!

輸入車は決して何処の車が良いとか悪いとかは無いと思っています。使われる方夫々の感性に沿ったものが良いもの、といった感じでしょうか?
また今回入庫のキャデラックといえば大らかなアメ車の代名詞といって過言じゃないと思います。
アメ車は故障も多く燃費も悪いというイメージを抱かれる方も多いともいますが、元々大陸横断用の乗り物として生まれてきた背景を持つこの国の車たちは、その国の国民性よろしく、実に大らかな性格をした車が多いなぁ~~と感じてまいりました。

このキャデラックにも代表されるように先ずそのサイズは一言で「でかい!」国土も広く、道も広く、駐車場も広い、そんな国に育つのですからそりゃ小さいより広くてでかいほうが便利に決まってます。ですのでこの様な車が沢山売れていくのも分かりますね♪

それを国土も狭い、道も狭い、駐車場は更に狭い、そんな日本で使う意味は?

私はよく輸入車を購入することは、その生産国の文化や生活様式そのものを自分の生活にとりれてみること、とお伝えしてます。それはあくまで輸入車は一部のマニアな方が乗る趣味性の強い車ではなく、皆様が輸入ブランドの小物やアクセサリー、バッグや洋服を身につけられるのと同じでご自身のライフスタイルを主張するアイテムの一つだと思うからです。そうは言っても確かに小物やアクセサリーと比べるとちょっと大きいし、機械ものだし、故障とかが怖いと思われるのは間違いでは無いと思います。おまけに大きい車とかは燃費も悪いナドナド…….。例を挙げればネガなキーワードもいっぱい出てきそうです。
それは絶対ということは言えませんが、今回のキャデラックのようなアメ車たちの多くは先ほども書きましたように、大陸横断用の車です。北米を大西洋側から太平洋側の西海岸まで横断しようとするとずっと街中を走っていけるわけではなく、だだっ広い砂漠を横切ったり、険しい渓谷を越えて行ったりとかなりのサバイバルな状況に見舞われることは容易に想像できますよね?そんな環境下でもきわめて壊れにくくしかも壊れたとしても以下に簡単に修理できるかにものすごく意識をおいて作られているのです。ですので意外とアメリカの自動車マーケットは日本矢ヨーロッパの最新のテクノロジーを搭載した車を嫌う傾向にあります。私が長年勤務してまいりましたフォルクスワーゲンというブランドが御座いますが、北米に向けて輸出する車の多くには、最新の変速機を載せずにひと世代前のオートマチックに乗せ替えて輸出をされていたほどです。「なぜ?」と思われてかもしれませんが、理由は至ってシンプル!どこか田舎の街でトラブルを起こしてもそこの工場のメカニックが修理できるかどうかが死活問題だからです。私が20代の頃勤務していたディーラーで販売していたクライスラー・ジープのチェロキーなどにおいては17年前の平成13年までOHVというクラッシックカーのようなエンジンを積んだ車を普通に売ってました。(#^^#)
私感を申し上げますが、実を言うと本当は壊れにくい車だと言うことがお分かり頂けると思います。ただ、日本の狭い国土も、交通事情の違いなどもその大らかなアメ車たちには不向きだということなのです。そこを知った上でメンテナンスを先手先手で行っていったり、詳しい人間のアドバイスを貰ったりと、すこしコツを得ればいくらでも上手に付き合っていける車と思っています。意外なことに燃費も思ったほど悪くなかったりしますし………….。(長距離走行の際ですが)

 

ぜひ一度お試しになってみませんか?

IMG_6313 IMG_6322 IMG_6321 IMG_6340 IMG_6327