スーパーカーブランドのランボルギーニは、「ウラカンEVO」をベースにしたコンセプトモデルの「ウラカン ステラート」を2019年6月4日に発表しました。

ランボルギーニが提唱する「オフロードを運転する楽しみ」の新しい次元を生み出す挑戦的なモデルとして、「ウラカン ステラート」を開発。どんな高性能なクルマなのでしょうか。

コンセプトモデルの「ウラカン ステラート」

「ウラカン ステラート」は、5.2リッターV型10気筒エンジンで最大640馬力を発生させる「ウラカンEVO」をベースとしていますが、最低地上高を47mm上げたほか足回りの前後トレッドを30mm拡張しています。

また、ドライバーの意志を理解し、四輪駆動、四輪操舵、サスペンション、トルクベクタリングを制御する「LDVI(ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ)」を搭載することで、オフロード性能を向上。悪路走破のために各部分のパーツを補強しているほか、ルーフとフロントバンパーにLEDライトを装備しています。

インテリアにデザインされたインテリアトリムは、軽量チタンロールケージやカーボンバイシェルスポーツシート用の4点式シートベルト、およびアルミ製フロアパネルを特徴とする、ステラートのスポーティなオフロードキャラクターを反映しています。  

ランボルギーニは、「ウラカン ステラート」について次のように話します。

「ウラカン ステラートは、ランボルギーニの未来を形作ることへのコミットメントを示しています。オフロード機能を備えたスーパースポーツカーのステラートは、ウラカンの多様性を示し、さらにドライビングとパフォーマンスのベンチマークへの扉を開きます」

出典 くるまのニュース