最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページ で最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

Windows XPをお使いの場合は、最新のFirefox(無料)を mozilla社ホームページ よりダウンロードしてご利用ください。

特別対談企画「こだわりの1台」:アウトリオン代表取締役西村一志×フリータレントヤスベェ大谷泰彦

FM山口第1スタジオにて

日本車にはないカチっとしたドイツ車の乗り味。
長距離を走っても全く疲れません。

西村
ヤスベェさんはFM山口とのお付き合いはどれくらいになるんですか?
大谷
開局当初からですから、かれこれ30年になりますね。この第一スタジオも自分の部屋のようなものです(笑)
西村
それはすごい!私も今年の1月に「ザ・ムーブマン」に出演させていただきました。
大谷
ご出演感謝です。ムーブマンも13年目に入り、すでに650名のゲストをお迎えしました。
西村
その一人に加えていただいて光栄です。さて、お住まいは光市だそうですが山口市まで毎回通いですか?
大谷
はい。FMだけではなく各局はもちろん県内全ての仕事は自動車での移動です。ただマイカーは僕にとって単なる移動の道具ではなく、書斎やオフィスでもあります。これこそまさに動く自分の部屋ですね。愛車は移動というある意味退屈な時間を、仕事のアイディアを考える空間だったり、はたまた発声練習の場だったりと、たいへん有意義な時間に変えてくれます。
西村
なるほど。さて現在お乗り車はフォルクスワーゲンのパサートヴァリアントですが、ドイツ車がお好みですか?
大谷
そうですね。元々尊敬する師匠・柏村武昭氏から譲り受けたベンツがきっかけで輸入車の良さや魅力を知ることができ、一回国産車に浮気したのですが(笑)、やはりドイツ車の魅力が忘れられず、今度はフォルクスワーゲンにしました。昨年の不正問題で大きく揺らいだワーゲン社ですが、会社に重大な過失があっても車自体に責任があるわけではなく、僕の車は問題のディーゼル車でもありません。さらに不正発覚のずいぶん前から気に入って乗っていたものですから今でも大切に乗り続けています。このパサートの愛称は25のナンバーから(ニッコリで)「スマイル」と呼び、毎日出かけるときや帰宅したときに「無事故でよろしく」「今日もお疲れさん」などと声掛けしています。そのお陰か僕の思いにしっかりと応えてくれて、県内を仕事で走り回る日々ですが、とても快適で満足しています。
西村
特にお気に入りのポイントは何でしょう?
大谷
日本車にはない乗り味でしょうか。カチっとしているけど長距離走っても全く疲れない。やはりアウトバーン(速度無制限道路)の国で長年足まわりを鍛えられた車だけのことはありますね。あとは、しっとりと座り心地のよいナパレザーシート、純正オーディオの音質の良さ、インディゴブルーに光るメーターパネル、シフトノブ周辺を赤くほのかに照らすダウンライト…、いやぁ挙げたらきりがないなぁ(笑)
西村
まさにこだわりの一台ですね(笑)
大谷
本当にそうかもしれません。走行距離はまもなく18万kmなのに全く飽きませんから。アウトリオンさんにシリカコートの施工もお願いしたのでまだ新車のようにピッカピカですし。実はベンツの時も25万kmまで乗りました。地球を何周ですかね(笑) さて今度は本業に戻って僕から質問です。プロの目から見た輸入車の魅力って何だと思いますか?
西村
そうですね、やはり、日本の交通環境をはるかに越える過酷な条件の下、それでもなおかつ安全に快適に移動するために生まれた輸入車たちは、やはり能力的にも安全的にも余裕を持って設計されています。なので、規制も厳しく国土も狭い日本の交通環境下では絶対に商品として生まれて来ることがない違いを持った商品。これをあえて日本で乗る満足と楽しみを皆さんに実感してみて欲しいです。
大谷
僕もマイカーで毎日が海外旅行です(笑) さらにどんな人に乗って欲しいですか?
西村
ご自身の主張やこだわりを持っていらっしゃる方やお洒落に敏感な人、趣味を持っていらっしゃる人。家族思いの方や物の価値を大切にされている方とかもそうですね…、あれっ!?いつの間にやら僕がゲストになってる。さすがトークエンターテイナーですね!これから車が大好きな「こだわりびと」へのインタビューを考えていたのですが、このコーナーはヤスベェさんに頼んだほうが早そうですね(笑) お願いできますか?
大谷
車大好き&人間大好きですから喜んで!(笑)
西村
いやぁ心強い! では、これからどうぞよろしくお願いします!

ヤスベェさんのこだわりの1台

VW Passat Variant V6 4MOTION

ワゴンスタイリングの個性はサイドビューの美しさにあり。ブラック&シルバーのコントラストが絶妙です。そして盾をモチーフに、太いクロームで縁取られたフロントグリル。ワッペングリルと名付けられたこのデザインは、当時のフォルクスワーゲンのアイデンティティー。室内は本物のウォルナットをふんだんに使用したダッシュボード、それはまるでクルーザーのコックピットのよう。

DATA

グレード パサートヴァリアントV6 4MOTION
排気量 3,168cc
駆動方式 4WD
定員 5名

前のページへ戻る